スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう」

2011.05.02 01:52|日々いろいろ
先日 オークションで何冊か本を出品して
その中で 斉藤謠子先生のちょっと前の本が2冊ほど入ってました。

その2冊ともが 同じ人が落札してくださって
連絡いただいた住所が 「宮城県石巻市」とあったので
ちょっと ドキリとしてしまって
お取引の連絡の中で「地震で大変だったでしょうね。○○様は大丈夫でしたか?」と書くと

「私の家・家族は なんとか皆無事で過ごしておりますが
 実家の方は 津波で跡形もなくなりました。
 父は今だ行方不明で 母はなんとか避難できて
 今 我が家で暮らしています。

 母はパッチワークが好きで この斉藤先生が大好きだったのですが
 本も作った作品も たくさんあった布も すべてなくなり
 父の事もあり 今は 避難所のお手伝いに行ったりはしていますが
 家にいると ぼんやりとしてしまっている状態なので
 少しでも元気になってもらいたいと こちらの本を落札させてもらいました。」

と お返事いただきました。

なんだか 見も知らずの方なんだけど 
パッチワークが好きな お母様が 大事な家もご主人も
大切に作った作品も 布もなくなってしまった・・・・と想像するだけで
なんだか悲しくなってきて

「私は 何もできませんが
 もしよかったら こんな古本ですが 少しでも元気の元になれたら
 幸いですので プレゼントさせてください。」と
本と 押し入れの中の一生かかっても使いきれない布の在庫の中から
斉藤先生のキルトパーティの布 それっぽい布を選び 一緒に送った。


そしたら 今日 突然お電話をいただいた。
落札してくださった娘さん そしてお母様。
「ありがとう きれいな布と本を見てると なんだかうれしくなってきました。
 また 作ってみたいと思いました。」
と 何度も何度もお礼を言われてしまって
突然のお電話だったので 私も気の利いた言葉も言えず
「いえいえ そんな とんでもないです
みたいなこと 繰り返して言ってた気がする。


なんだろう・・・・・・。
なんて言ったらいいんだろう・・・・・。

ありがとうと言いたいのは 私の方だったんではないでしょうか?

捨てるつもりの本 なかなか使えない布。
そんな物で あんなにお礼を言われたら もう どうしよう・・・・と思ってしまいました。


私の家族や親せきや友人に 地震で亡くなったり 
津波の被害に合われた方はいないのですが
なんだか 自分の今の生活が 本当に恵まれてて ありがたい事なんだなぁ・・・と
しみじみしてしまった 本日の私でした。


168

特に何も予定のないGW
頑張って また 不規則なログキャビン復活中ですw


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ciel

Author:ciel
ハンドメイドは最近なかなか進みませんが
ぼちぼち再開していと思ってます。

最近は 胴長・垂耳のチワワのダルくんが
中心の生活かもw



◇参加している企画◇



FC2カウンター

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

エディタ 

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。